ようこそサトウ園芸へ

ごあいさつ

きれいで長く楽しめる、
他にはない花苗を求めて―。

1988年の創業以来、「人に喜ばれる花苗をつくりたい」の一心で地道にコツコツと研究を重ねてきました。

「良い苗」とは、きれいで、根がよく張っていて、長く楽しめて、お客さまが育てやすい苗だと考えます。

その「良い苗」を作るためにサトウ園芸が大切にしているのが、潅水管理です。よく「水やり3年」といいますが、納得のいく技術を確立するまでに15年かかりました。人生の約3分の1は水やりです。そうした努力を続けてきたからこそ、オリジナル品種のパンジー「ドラキュラ」や「ローブ・ドゥ・アントワネット」などを世に送り出すことができたと感じています。

花が私たちの想いを語ってくれるのか、ありがたいことに園芸を愛する皆様がサトウ園芸の花の魅力をどんどん高めてくださっています。これからも、信頼する園芸店とのコラボレーションを大切に、皆さんがあっと驚くような花苗づくりに挑戦していきます。

サトウ園芸 佐藤 勲

会社概要・経歴

社 名サトウ園芸
住 所〒370-0853 群馬県高崎市中居町4-12
TEL090-3598-2563
FAX027-324-5507
代表者代表取締役 佐藤 勲
創 業1988年
経 歴
1988年花苗生産開始 ハウス1,922㎡新設
1998年関東東海花の展覧会7年連続金賞特別賞受賞
※1998~2004年間連続
2007年全国農業コンクール(毎日新聞社主催)優秀賞受賞
2010年群馬県鉢物研究会会長就任
2013年ビオラ“ヌーヴェルヴァーグ”生産
2014年オリジナルビンカ“初恋”生産、大雪でハウス1,944㎡崩壊
2016年パンジー“ドラキュラ”、“エッグタルト”生産
群馬県農業経営士に認定
2017年パンジー“ローブ・ドゥ・アントワネット”生産
高崎市農業委員に任命

これまでの歩み

昔

米国での農業研修を機に花農家へ

1963年、群馬県高崎市の野菜農家に生まれ、両親が働く姿を見て育ちました。農業研修生としてアメリカ・コロラド州で花壇苗の生産を学びました。アメリカコロラド州の花の会社で2年間花壇苗の生産を学びました。

帰国後の1988年、ハウスを新設し、アメリカで学んできた生産技術を生かした花苗づくりを始めました。ちょうど「ガーデニングブーム」が始まったころで、時代に後押しされるように規模を拡大。自ら園芸店に飛び込み営業し、現在の園芸店とのコラボレーションによる花苗づくりのスタイルが確立しました。

今

苗づくりに定評のあるナーセリーに

1300坪のハウスで年間約50品目を生産しています。高品質な苗づくりをモットーに、秋はパンジー、ビオラ、春はペチュニア、ニチニチソウ、カリブラコア、マーガレットなど、少量多品目の花苗を生産しています。

「良い苗をつくりたい」と地道にコツコツ培ってきた技術と経験があったから、ちょうどいい時機にオリジナルが生まれ、SNSの影響もあって、急速に「サトウ園芸」というブランドを広めることができたと思います。数が少なく希少価値の高いものだから、皆さん、宝物のように大切に育ててくれています。SNSにアップされた写真を見て、「いいね!」をするのが私の毎日の楽しみです。

未来

新しい品種をどんどん出したい

花は流行です。どんなに開発に年月を費やしても2~3年で飽きられてしまうこともあります。定番の花苗生産を大切にしながら、常に新しい品種を出していきたい。園芸業界を盛り上げる、その一役が担えればうれしいです。

自然相手だから思い通りにいかないことだらけ。変わった色や形が出るのも偶然です。それをコツコツ掛け合わせていく。すると、世にないものができ、うまくいけば商品化につながります。本当に奥が深い世界です。下積みをしっかりと、底辺が広ければ広いほど頂上は高くできる―という感じでやっています。

これからも、どんどん新しいものが出せると思います。私が健康でいる限り(笑)。目標は70歳まで頑張ります。ぜひ、どんなものが出てくるか楽しみにしていてください。