花との寄り添い方

美しく咲き、長く楽しむために

花は生きものです。「大切に育てよう」という気持ちで、花の生育状況をよく見て、ぜひ、かわいがってあげてください。

お客さまのもとで花を長く楽しんでいただくために、育て方や苗選びのコツなど、よく聞かれる内容をまとめました。

  • 苗選びのコツはありますか

    見た目は重要です。葉っぱの色と花の色、茎がしっかりしているか、よく見てください。また、信頼できるお店で買うことをおすすめします。

  • パンジー、ビオラはどのくらい持ちますか

    6月くらいまで咲きますが、見た目がいいのは5月くらいまでです。一番きれいなのは、3月中旬から約1カ月。花が真っ盛りで、見事ですよ。

  • 花がら摘みは、やったほうがいいですか

    花がらを摘むと、きれいになってさっぱりします。床屋さんに行ったみたいな感じです。園芸好きな方は「花がらを摘むのが好き」という人もいますが、「できれば」でいいと思います。不思議なもので、「ドラキュラ」は花がらも見栄えが素晴らしい花です。

  • 水やりの加減がわかりません

    夏はたっぷり、冬は相当あげなくても大丈夫です。土の表面が白く乾いてきたなと思ったら水をあげてください。サトウ園芸では、健全な根をつくるために水はけの良いオリジナルの培養土で提供しています。水はけが悪いと根が腐ってしまいます。

  • 肥料は何をあげたらいいですか

    サトウ園芸では、施肥管理をしっかりして出荷します。施肥によって葉の色が良くなり、花も大きくなります。液体肥料は即効性があります。

  • パンジー、ビオラは室内でも育ちますか

    パンジー、ビオラは、スミレの仲間です。もともと外で生まれた草花なので、日光が当たらないと、すぐ元気がなくなってしまいます。鉢植えでも地植えでもいいので、日当たりの良い場所に植えてあげてください。